ヒデヒデノート

思った事や出来事を書いてるweblogです

胃カメラしに行ってきた

35,6歳の時に「35過ぎたし1回くらいバリウム検査しないとなぁ」と、健康診断の時にバリウム検査をしたのですが、その最初の1回でポリープ(特に問題はない)が見つかった為、その後はずっと年に1回胃カメラ検査をやってたりします。…本当に一生に一度のバリウム検査になってしまったと言う(汗)

そんな訳で今日は胃カメラしに某クリニックへ。私は普段の歯みがきでも「オエッ」っとなる人なので、普通に胃カメラはできなかったり。なので薬で寝てる間にやってもらってます。

…そう話すと「全身麻酔!?」とか言われたりしますが、麻酔ではなく鎮静剤なようです。後で鼻からやる胃カメラもあると知りましたが、ネットで色々見ると私は多分鼻からも無理だと思われます。

そんな訳でまず承諾書だかなんだかに記入して、血圧を測って、のどに麻酔のスプレーをして、さらにゼリー状の麻酔も口に入れる。…このゼリーが気持ち悪いのだが、数分間口にためておかないといけなかったり。しかもその後飲み込む。ここまでは普通に口から胃カメラやる場合と一緒かな。

そして横になって点滴を打つ訳だが、点滴前にいつも採血検査も一緒にしてもらってたり。同じ針でできるそうなので。注射は大嫌いなので(先生には既に話していて1番細い痛くない針を使用してもらっている)、できればいっぺんに済ませてほしいのです。

点滴を刺したら、次は脈を測る(と言うかチェックする)。鎮静剤投与後意識がなくなってしまうので、ちゃんと酸素吸入してるか等チェックする為、脈を測る装置を指につけるのです。

しばらくして先生登場(ここまでは助手だか看護師だかのお姉さんが1人でやってた)。マウスピースをくわえられて、テープで固定される。そして先生が鎮静剤を投与。この辺からもう記憶がございません。

気付くとマウスピースは既に外されてて、部屋には私以外誰もいなかったり。まだ点滴は刺さってる状態。しばらくすると助手だか看護師だかのお姉さんが様子を見に来た。

起こす為の薬を投与され、またしばらくしたらようやく点滴を外してもらえた。注射針が長時間刺さってるのっていい気がしないよね。

まだ多少フラフラしてる感があったが、一応歩けるので診察室へ移動。そこで先生から今日の胃カメラの画像を見せられ説明を聞く。…私には正直、ポリープがいくつかあるって事しかわからん(汗) とりあえず前回とほとんど変わらないらしいです。採血等の検査結果はもちろんすぐ出ないので、また来月聞きに行く予定です。

あーやっと終わったーと時計を見ると、14時近かったり。胃カメラの為今朝は食事抜きだったので、超ハラ減った(医者行く前から既にハラの虫鳴きまくってたり)。とっとと遅い昼食を食べに行って、ちょっと店ブラブラ見てから帰りましたとさ。



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されます(スパム対策)