ヒデヒデノート

思った事や出来事を書いてるweblogです

ただのweblogを読みたい&書きたい

一般人の日記や雑記ブログが読みたいのだが、なかなか見つけられないと言うか、探そうと色々検索してみても、「日記ブログは稼げない」とか「ブログネタの探し方」とか、「違う、そうじゃない」と言いたくなるようなのしかヒットしない。

それでも試行錯誤しながら色々見ていくと、日記ブログの探し方は書かれていなかったが、『ただのブログはどこへ行った | 定点観測』と言う記事に辿り着いた。

そうそう。私も思考をだらだら垂れ流すようなものを書くのが、単に好きだから。そう言う事を書いてるし、他人のそんなブログも読みたい。そしてできれば書かれている事について、色々(コメント欄で)会話したい。私は書くのも好きだが、おしゃべりが大好きなので。しかし本当に、そう言うブログを見かける事が少なくなったなと(検索しづらいからってのもあるだろうけど)。

ちなみに私も現在は、WordPressで書いてます。私の場合は、レンタルブログじゃ満足いかなかったから、WordPressになったんだけどね。

そう言えば先日『週刊はてなブログ編集部』が、「純粋に日々の日記をつづるブログ(要は日記ブログ)」の事を「純日記」と呼んでいるのを、たまたま知ったり。

純日記の魅力は、人の生活や感情を垣間見て、自分以外の誰かの日常や人生を味わうことができるようなエモさじゃないでしょうか。日々の中にはいいことばかりではないですし、時として日記にはネガティブなことや感情の吐露も書かれることもあります。でもそれがいい。文章が流暢でなくても、いいことばかり書かれていなくても「知らない人の日記をただ読む」という面白さは、好きな人にはきっとわかってもらえるものだと思います!

他人の日常を垣間見ることができる「純日記」の魅力を伝えたい – 週刊はてなブログ

純日記に関する反応もいろいろいただきました。
「人の日記を読むのは楽しい」「ブログはただの日記を書いてもいいんだ」そんな声を目にすることができてうれしい気持ちになりました。やはり日記はいいものですよね。
ひとつの話題をきっかけに、いろいろな人がそれぞれの感想を書いてゆるくつながり、広がっていくのは、まさにブログの良いところだと思います。

「純日記」というテーマでゆるくつながる – 週刊はてなブログ

そうそう、そうなんだよ。検索すると「一般人の日記ブログは読まれない」とか出てくるけど、そんな事はないんだよと。自分以外の誰かが考えてる事や出来事がわかるのがいいんだよと。そしてそれを読んで感じた事などをコメントしたりして、ゆるくつながって広がってくのがブログの良さだよなと。

なので私はコメント欄を設置してるし、サイト(URL)も記入できるようにしている(メールは記入欄なくしたいんだが、消し方がわからないので仕方なく表示させている)。

そもそもブログってのは、『ブログ – Wikipedia』にも書いてあるけど、ブログ(blog)は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ(weblog)をブログ(Blog)と略称する。とあるように、覚え書きとして日記を書いたっていい訳なんよと。ただのWeb上の記録なんだから。…ってな事を以前とあるブロガーさんに言ったら、「そうなんですか!?」ってスゲー驚かれたけど。

いつからブログは「有益な情報を書かないといけない」とか、「○文字以上書きなさい」とか、「毎日1記事以上書きましょう」とかって、言われるようになってしまったんだろうか?

アフィリエイトでガンガン稼ぐ系のブログを目指すなら、有益な情報を書かないと信頼が得られず買ってもらえないかもだし、文字数や記事数が多い方が検索にもヒットしやすいかもなので、これらは正しいのかもしれない。

しかしアフィリエイトとか関係なくただブログを書きたい人が、アクセス数を増やしたくてその方法を検索すると、アフィリエイトでガンガン稼ぐ系のブログに書かれている、「有益な情報を~」などと言う記事が沢山ヒットしてしまい、「そう言うのを書かないといけないんだ」「ただの日記はダメなんだ」と勘違いして、「ただのブログ」が減ってしまったのかなと、私は思っている。

余談だが私はWordPressに移行してからは、アクセス解析を設置していなかったりする。アクセス解析は昔から、個人的に精神衛生上よろしくないので。

アクセス数が少なければ普通にガッカリするし、アクセス数があればあったで「アクセス数はあるのに、コメントが全然つかない…。」とガッカリするので。アクセス数があってもなくてもガッカリするなら、いっその事アクセス数なんて知らずにいた方がいいやと。

どこから見に来たのかとかは少し気になるけどね。でもまだブログじゃなくてホームページだった頃、アクセス解析見たら「東京 女」で検索して来た人がいて、なんだかなと思った事があったり。まあ、知らない方が幸せな事ってあるよねと。

…話が少し逸れたが、アフィリエイトでガンガン稼ぐ系でないブログなら、アクセス数とか気にせずに、好きな事を好きな時に好きなように書けばいいと思うのです。そう言う「ただのブログ」が読みたい人は、実は結構いるんだよと。ただ検索しづらいから、あまり見に来てもらえないだけだよと。

いや、本当。「ただのブログ」って言うか「ただのweblog」が読みたいんだけど、そう言うブログはどうやって探したらいいのやら。パッと思いつくのはランキングサイトだが、登録してるブログしか見れないし、そもそもランキング上位にはあまり興味ないしなぁ(個人の感想です)。

最後に、現在私のブログの右上には、「思った事や出来事を書いてるweblogです」と書いてたりします。「ブログです」と書かずにあえて「weblogです」と書いているのは、ただのWeb上の記録だと主張しているからだったりします。



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されます(スパム対策)