ヒデヒデノート

思った事や出来事を書いてるweblogです

読んでもらいたい記事と読んでもらえる記事は違うよねと言う話

先日、人気ブログランキング経由で色々ブログを見てたら、『読んで欲しい記事に限って、読んでもらえへんってどないやねんなぁ! | ごくつま!〜ごくフツーの妻のブログ〜』と言う記事を見つけたり。

読んでもらおうと思って一生懸命時間かけて、文章構成とかもめっちゃ考えて書いた記事に限って、全然読まれへん!

(略)

逆に、その時の感情の勢いだけで書いた記事の方がアクセス数多かったり。

読んで欲しい記事に限って、読んでもらえへんってどないやねんなぁ! | ごくつま!〜ごくフツーの妻のブログ〜

わかるわかる。特に古い記事なんかは、全くと言っていいほど読まれないよね。現在はアクセス解析やってないから知らないが、以前Bloggerでブログやってた時は記事毎にアクセス数が表示されて、もうイヤってぐらい思い知ったわと。

まあ「Bloggerテーマ(デザイン)のカスタマイズ記事はアクセス多いだろうな」と思ったのは、その通りでしたけど(アクセス稼げるから書いてた訳ではなく、備忘録として書いたんだがね)。余談ですが、Bloggerのカスタマイズ記事はBloggerに残したままで、こちらには移動していません。

人それぞれ読まれたい記事・読みたい記事って違うからね。これがまた難しい話で。あと検索して読みたい記事と、RSS購読して読みたい記事(と言うかブログ)も違うよねとか思ったり。

そう言えば、ブログ記事を紹介してくれる企画をやってる人がいて、過去に数回お願いした事があったんだが、ある日お願いした記事がその人の嫌い(と言うか苦手?)なジャンルだったそうで、「こんな記事紹介してくれってどんだけヒドイ奴なんだか見てみたくね?」的な、紹介と言うより悪口に近い事を書かれた事があったり。

これこそまさに、「読んでもらいたい記事と読んでもらえる記事は違う」だよなと思ったり。

ちなみにその時お願いした記事は、『元はてなブロガーが『はてなブロガーに100問。』に答えてみた』なんだけどね。まあ、はてなブログを使った事がある人しか答えられないし、使った事ない人にはわかりづらい質問もあったりなのがアレだけど(「はてなブログ」を他のレンタルブログに変更して、回答してる人を見た事があったりもするけど)。

私の回答を見た人の反応も知りたいし、他の人の回答も見てみたいし、追記もブログ内リンクも多いから、紹介をお願いしたんだけどね。まあ100の質問系は、好き嫌いがハッキリわかれるけどね。

話を元に戻すが、冒頭のリンク先には下記の文も書かれてて、「そうだよなぁ。正直、ブログに文章術とかってあまり必要ないよな。その人の思ってる事とかを、自分の言葉で書かれてるのを読みたいんだよな。」とか思ったり。

全然文章構成とかも、なってへんし、内容もあるんかないんか分からんような文章やのに、なんでかアクセスあるんよなぁ〜。
タイトルに、私の情熱やらムカつきやらの感情が溢れ出しとるんやろかなぁ??

ってことはやで、文章書くのに大事なんって、文章術の本に書いてあるようなノウハウを駆使した整った文章なんかよりも、“感情的”であることのほうが大切なんやろか?

なんかそんな気がしてきてん。

読んで欲しい記事に限って、読んでもらえへんってどないやねんなぁ! | ごくつま!〜ごくフツーの妻のブログ〜

私は以前から、普段しゃべるように書いてたり(上記の『はてなブロガーに100問。』の87問目でもそう答えてたりします)。そもそも私はキャラを演じて書くとかできないし、元々しゃべりたくてブログ始めたようなモンだからねぇ。

…ああ、普段よりは丁寧な言葉づかいで書いてるつもりだし、「、」も多めにしてるつもりです。普段は言葉づかいがあまりよろしくなく、超マシンガントークだったりします。昔友達のお母さんに、「いつ息継ぎしてるの?」と聞かれた事も(汗)

読んでもらいたい記事って、正直書いた本人にしかわからないよね。まあぶっちゃけ、全部読んでもらいたい記事なんだろうけども。

ちなみに私が読みたい記事と言うのは、『ただのweblogを読みたい&書きたい』にも書いたが、考えてる事や出来事が書かれてる「ただのブログ」です。そんな書いてる人の事が少しわかるような記事がいいので、情熱が溢れ出てるような記事はいいと思う。

私が今まで書いた記事で言うと、『飲食店の座席の話』みたいなのが読みたいんですけどね。こう言う記事は検索では探しづらいので、個人的に困ってます。なので最近は、ランキングサイト経由で色々見てる訳で。



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されます(スパム対策)